« 第七夜 王位継承 | Main | 第九夜 帰り道 »

2003.12.30

第八夜 天輪儀

danna.jpg

「わたし,王様になんてなれやしないわ.」

「王様になるのは,けして難しいことではありません.
 ですが,貴方にしか出来ないことなのです.
 四葉さまは四葉さまのままでいてください.
 我らとしてはただ,
 貴方がこの鼠の宝をお持ちになればそれでよいのです.」

そう言って,王は闇色のビードロを投げました.

「これは天輪儀.裏表ある星影の,裏面だけを張り合わせた手鞠です.」

天輪儀のつるつるとした表面は闇を映し出して,
日や月が描く輪をさかさまに,光のない輪を幾重にも放ちます.
輪がぐるぐると回るのを見ていると,一度だけ天輪儀の中が透き通って,
いつもの夜空の星影が,そこに瞬いているような気がしました.

「なにぶん地の底なので垢抜けないものですが,
 きっと貴方の旅のお役に立ちます.
 さあ,これを持ってお帰りください.」

(Zaurus MI-E21 + PrismPocket, 2003/5/6)

|

« 第七夜 王位継承 | Main | 第九夜 帰り道 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10264/1078875

Listed below are links to weblogs that reference 第八夜 天輪儀:

« 第七夜 王位継承 | Main | 第九夜 帰り道 »